株式投資でお小遣い稼ぎはできるの?リスクを抑えて少額投資!

時遊人です。^^

 

今回は、株式投資でお小遣い稼ぎは出来るの?について書きたいと思います。

 

みなさんご存知だとは思いますが、株式投資にはリスクがあります。

 

よくドラマとかで、主婦が旦那さんに内緒でこっそり株式投資を始めて大損した挙句、家庭崩壊なんて内容のものもありますよね。

 

でも、やり方次第では本当にそうなってしまう可能性もあるのが株式投資の世界です。

 

では、そんなリスクのある株式投資の世界で、どうやってお小遣い稼ぎをするの?

 

スポンサーリンク


株式投資でお小遣い稼ぎは可能?

最初に答えを言ってしまいますが、可能です。

 

ただ、お金が減るかもしれないリスクがあるのも事実です。

 

ですので、もし株式投資でお小遣いを稼ぎたいと思っている人がいましたら、軽い気持ちで始めることはやめましょう。

 

本や教材などでしっかりと基本を学び、リスクがあることを理解した上で株式投資をスタートしてください。

 

世の中には数多くのお小遣い稼ぎの方法がありますが、株式投資のような金融市場は、上手くいけば効率よく稼ぐことが可能です。

 

考えてみてください。

 

お金をを稼ぐには、基本的に働く必要があります。

 

働きに出るにしても、内職のような在宅で出来るものにしても、時間を使って働いて、その対価としてお金を貰うわけです。

 

ですので、稼ぎたい金額にもよりますが、それなりの時間が必要となります。

 

ですが、株式投資なら、時間効率を自分でコントロールしながら稼ぐことが可能になります。

 

「えっ!?そんな都合の良い稼ぎ方が出来るの!?」

 

て、思いますよね。

 

では、次にその具体的な内容について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク


お小遣い稼ぎの方法

こちらの記事にも書きましたが、株式投資には複数の投資手法があります。

 

このいくつかの手法を使い分けて、時間効率をコントロールします。

 

株式投資には多くの手法がありますが、誰にでも分かる基本的な手法が3つあります。

 

それがこちらになります。

 

 

基本的な3つの手法
・デイトレード
・スイングトレード
・長期投資

 

 

以上のものになります。

 

これらの手法の特徴と、お小遣い稼ぎとして効率の良い理由を説明しますね。

 

 

デイトレード


デイトレードは1日のうちで売買を完結する手法です。

 

分かりやすく説明すると、今日買った株を、今日のうちに売ってしまう手法です。

 

この手法は、株を次の日に持ち越さないので、相場が終了した後に出る悪材料や、事件、事故などの影響で株価の暴落などが起きた時のリスクを、完全に回避出来るという特徴があります。

 

デイトレードがお小遣い稼ぎをするのに効率が良い理由としては、極端に短い時間で取引を終了することも可能なので、買った株を売って利益が出たら、その時点でその日の取引を終了することも可能です。

 

例えば、相場の開始時間の午前9時に、ある株を300円で100株買ったとします。

 

10時になったら350円になっていました。

 

この時点で株を売れば5000円の儲けになります。

 

手数料や税金の関係で多少少なくなってしまいますが、わずか1時間で、約5000円を稼ぐことも可能です。

 

時給5000円の仕事ってあると思います?

 

もしかしたらあるかもしれませんが、かなり少ないと思います。

 

ましてや、内職で5000円を稼ぐなんていったら、1日じゃ厳しいですよね。

 

でもデイトレードならそれが可能になります。

 

かなり効率良く稼げることが、お分かりだと思います。

 

 

スイングトレード


スイングトレードは、数日間~数週間ほど、株を保有する手法になります。

 

分かりやすく説明すると、今日買った株を10日後に売るような手法になります。

 

この手法は、株を翌日以降に持ち越すため、多少のリスクがあります。

 

ですが、デイトレードと違って、数日間株を保有するため、デイトレード以上に広い値幅を狙うことが可能になります。

 

例えば、ある株を300円で100株買ったとします。

 

10日後には500円になっていました。

 

この時点で株を売れば20000円の儲けになります。

 

手数料や税金の関係で多少少なくなってしまいますが、最初に株を買ったら、その後10日間何もしなくても20000円を稼ぐことも可能になります。

 

何もせずにお金を稼ぐことって出来ますか?

 

社長になったり、不動産投資をやらない限り厳しいですよね。

 

あとは、宝くじを当てるくらいですかね。(笑)

 

こちらの記事にも書きましたが、宝くじなんて本当に当たりませんからね。^^;

 

宝くじにお金を使うなら、株式投資の方が効率が良いと思いますよ。

 

と言いつつ、僕は買っていますがね。(笑)

 

話がそれてしまいましたが、スイングトレードもかなり効率良く稼げることがお分かりだと思います。

 

 

長期投資


長期投資は一般的に3年以上株を保有することを指します。

 

分かりやすく説明すると、今日買った株を3年後に売る手法になります。

 

長期投資の特徴としましては、企業の業績の先読みをして、今後成長が見込める企業の株を数年間持ち続け、その後売るという流れになります。

 

この手法は読んでみればお分かりだと思いますが、数年間何もしないのでかなり退屈ですし、お小遣い稼ぎとしては厳しい手法になります。(笑)

 

長期投資に関しましては、少しずつ金利が増えていく貯金として考えてもらった方がいいと思います。

 

ですが、長期投資を舐めてはいけません。

 

アメリカの著名な投資家の1人、ウォーレン・バフェットは、長期投資で財を成しました。

 

資産は数兆円と言われています。

 

長期投資には長期投資の魅力もあるんです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォーレン・バフェット巨富を生み出す7つの法則 [ 桑原晃弥 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/9/29時点)

 

 

以上、株式投資でのお小遣い稼ぎの手法と効率性を簡単に説明しましたが、いかがでしたか?

 

かなり効率良く稼ぐことが可能な世界だとお分かりになったと思います。

 

ですが、良いことばかりではありません。

 

株式投資にはお金を失うリスクがあるのも事実です。

 

わずか半年間で、200万円もの大金を失った初心者もいます。

 

僕のことですが…(笑)

 

ということで、次は株式投資で極限までリスクを抑えて、お小遣い稼ぎをする方法を書きたいと思います。

 

 

リスクを抑えてお小遣い稼ぎをする方法

株取引には業界用語で「単元株数」という最低単位があります。

 

基本的には100株単位とする銘柄が多いのですが、1株単位や1000株単位の銘柄もあります。

 

で、株価×単元株数がその銘柄の最低取引額になります。

 

数百円の株でしたら、100株数万円で買うことが可能ですが、数千円~数万円という株も多数あります。

 

ですので、投資資金が少ない人だと、買える株にかなり限りが出てしまいます。

 

ですが、実はごくわずかな低資金で株式投資を行う方法があることをご存知でしょうか?

 

通称、ミニ株と呼ばれる取引サービスでは売買単位の10分の1で購入が可能になっています。

 

証券会社によっては1株から銘柄が購入できる場合もあります。

 

このサービスを使えば予算10000円でほとんどの銘柄の購入が可能です。

 

中には株価が100円以下の銘柄もありますので、本当に低資金で株式投資に触れることが出来るというわけです。

 

先程説明した、1時間で5000円くらい稼げるような派手なものではありませんが、その分お金を失うリスクがかなり軽減できます。

 

投資資金の少ない人や、株式投資をやりたいけどリスクが怖くて出来ない人は、ミニ株で株式投資に慣れてから本格的にスタートするのもアリだと思います。

 

いずれにせよ、かなりリスクを抑えてお小遣い稼ぎが出来ることは間違いありません。

 

興味がある人は試してみる価値があると思います。

 

 

最後に…

ということで、今回は株式投資でお小遣い稼ぎは出来るの?について書いてみましたが、いかがでしたか?

 

多くの人がリスクが大きいとか、危ないとか、言う世界でも、リスクを極限まで抑える方法があります。

 

お金を稼ぐには、働いてその対価として給料を貰うか、リスクを覚悟で株式投資のような、自分の力でお金を生み出す世界に飛び込むか、どちらかしかありません。

 

僕は自由が欲しくて、自分の力でお金を生み出す世界に飛び込み、何とかセミリタイアすることが出来ましたが、しっかりとした自己管理が出来ないとやっていけない世界です。

 

お小遣い稼ぎにしても、本格的に始めるにしても、自己管理、リスク管理をしっかりとするようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク