株式投資でマイホームを建てることは可能か?

時遊人です。(^O^)

多くの人の夢の1つに、マイホームを建てるというものがありますよね。

良い夢ですよね。

仕事を頑張るためのモチベーションにもなり、とても良い効果が生まれると思います。

で、働くためのモチベーションって、実は株式投資にも使えるんですね。

仕事の給料は生活費や貯金に回し、株式投資の資産運用でマイホームを建てるという目標を作ることで、「株式投資を頑張らなければ、夢のマイホームが手に入らない」と自分のマインドをコントロールし、モチベーションに繋げることが出来るというわけです。

今回もまたマインドという言葉が出てきましたね。(笑)

それだけマインドが大事ってことです。

ということで、今回は株式投資でマイホームを建てることは可能か?について書きたいと思います。

 

 

株式投資でマイホームを建てることは難しい?

例えば目標が旅行に行くとかなら、簡単に目標達成が可能となります。

ですがマイホームとなると話は別です。

安い中古物件なら目標は達成出来ると思います。

ですが、新築という話になると、建てる場所にもよりますが2千万円~5千万円くらいはかかりますよね。

株式投資でもこれだけの金額を稼ぐには、それなりの苦労があります。

数百万円くらいなら余裕でいけると思うのですが、数千万円となると厳しいという理由が、運用資金が増えるということは、それだけリスクも増えるということになります。

例えば、数百万円の運用で1回ロスカットをしたら、10万円の損失が出たとしましょう。

これが数千万円運用だと一桁増えて100万円の損失になってしまいます。

まぁ、これは単純計算ですので、運用の仕方や、ロスカットのタイミングで大きく変わってくるんですが、大きな資金での運用はリスクが高まることは間違いありません。

投資家の中でも、1千万円まではいったけど、そこから資金が安定せず伸び悩む投資家も多いと聞きます。

この資金が億単位になると、更に運用が難しくなると聞きます。

要は資金が大きくなるにつれて、運用のハードルが上がるというわけです。

「じゃあ株式投資でマイホームを建てることは不可能なの?」

いいえ。

そういうわけでありません。

やり方次第では何とかなります。

ということで、次に株式投資でマイホームを建てる方法について説明しますね。

 

 

株式投資でマイホームを建てる方法

株式投資でマイホームを建てるには計画を立てる必要があります。

いくら位のマイホームを建て、ローンは何年くらいにするのか決めることで、月々いくら位の金額が必要になってくるかが分かると思います。

大体で良いので月々の支払い金額が分かったら、自分の株式投資の収益と照らし合わせてみてください。

その支払い金額を元に、月々その金額が払えそうなのか、無理そうならローンの年数を伸ばすなどして調整すれば良いと思います。

この時気を付けて欲しい点は、株式投資の収益よりも、月々のローンの返済額を少なめに設定するようにしましょう。

株式投資の世界に絶対はありません。

ギリギリ支払いが出来るような設定にしてしまうと、収益が少なかった時に困ってしまいますので、余裕を考えた金額設定にしましょう。

また、月々の支払いを大きくしてしまうと、無理な投資をしてしまう恐れもありますので、十分注意してください。

例えば3千万円の家を20年ローンで購入したとします。

計算すると、月の支払いが12万5千円となります。

金利など、細かいことを考えれば、もう少し必要になるかもしれませんが、大体必要な金額が分かります。

もしこの金額を支払っていくことが厳しいと思えば、ローンを25年に伸ばすことで月々の支払いを10万円に設定することが可能です。

株式投資で月10万円を稼ぐって、ぶっちゃけ簡単なことですからね。

100万円の運用資金があれば余裕でいけます。

毎月安定して100万円を稼ぎ続けることは、出来ると思いますが、少しハードルが高いです。

ですが、毎月10万円を稼ぎ続けることは、かなりハードルが低いです。

基本的なことが確実に出来れていれば、何の問題もなく稼げます。

以上の内容を見てもらえば、株式投資でマイホームを建てることは意外と簡単にいけそうだということが分かると思います。

ですが、1つ弱点がありますので書きたいと思います。

 

 

投資家がマイホームを建てる時の弱点とは?

この方法は、兼業投資家がマイホームを建てるための方法で、専業投資家にはちょっと厳しいかもしれません。

というのも、投資家という肩書きには、社会的信用があまりありません。

つまりローンが組めない可能性が高いということです

長年投資で生活していて、それなりに稼いでいて、預金もあり、確定申告をしっかりとしていて、それを証明出来る書類があればローンを組める可能性があります。

ですが、専業投資家には、やはり厳しい部分があるというところが現実です。

ちなみに専業投資家だと、クレジットカードの審査も厳しいと聞いたことがあります。

ですので、株式投資でマイホームを建てる方法は、メインである仕事があり、その実績でローンを組み、株式投資の収入で支払いをするということになります。

もし、これから専業投資家を目指す人で、近々家を建てようと考えているのでしたら、住宅ローンは会社に在籍しているうちに手続きをするなどの検討もしてみてください。

会社を辞めてすぐだと、株式投資で利益を出していてもローンを組むのは厳しいと思います。

僕は、数ヶ月後から、家族で世界中を旅しようと計画しているので、現在はマイホームが欲しいとは思いませんが、帰国したら、いずれはマイホームを建てようと思っています。

ですが、ローンを組むのは厳しのかもしれません。

でも、その時は一括購入してやります!(笑)

そうです!

ローンが組めなくても、しっかり稼いでお金を貯めれば良いだけの話なんです。

株式投資は、普通に働いているより大きな金額を稼ぐことが可能な世界ですからね。

前向きにいきましょう。(^O^)

 

 

最後に…

ということで、今回は株式投資でマイホームを建てることは可能か?について書いてみましたが、いかがでしたか?

やり方次第ですが、マイホームを建てることは可能ということが、分かったと思います。

ですが、1つ確実に言えることは、専業であろうが、兼業であろうが、稼げなければ無理ということです。

稼ぐためには、しっかりと学び、しっかりとしたマインドを持ち、経験を積み重ねることが必要です。

決して難しいことではありません。

もしマインドがダメという人がいましたら、マイホームを建てる、車を買うなどの目標をマインドの変化に使ってみてください。

「マインドを変えなければマイホームが建てれない!車が買えない!」このような考え方で自分を追い込むのも良いと思います。

僕自身も、「株式投資を頑張らなければ脱サラ出来ない」と、常に言い聞かせていました。

その結果、徐々に変化が出てきましたからね。

是非取り入れてみてください。

 

関連記事