株のデイトレードの本おすすめランキングは?先行投資が重要!?

時遊人です。(^O^)

以前から不動産投資に興味があり資料請求したりしているんですが、やはり不労所得は憧れですね。

株式投資は好きなのでやめることはないと思いますが、ある程度資金を貯めたら不動産投資もやってみようと思っています。

株式投資は手を止めてしまうと収益も止まってしまいますが、不動産投資は管理者に任せておけば、ほぼ放置で大丈夫ですからね。

基本なまけものの僕としては、早く不労所得の道に進むことがより人生を楽しむために必要かなぁと感じている今日この頃です。(笑)

デイトレードからスイングトレードに切り替えたのも、時間の自由を求めた結果ですからね。

そんなスイングトレーダーの僕ですが、今回はデイトレードにおすすめの本を紹介します。

以前に株式投資を始めるにあたっておすすめの本を紹介しました。

 

参考 :< 株式投資初心者におすすめの本。>

 

この本の内容とは全く違うものになっていますので、デイトレードに興味がある人は、僕のおすすめの本のランキングトップ4を参考にしてみてください。

 

 

株のデイトレードの本おすすめランキング

時間的なゆとりと金銭的なゆとりがあるなら、多くの本で勉強することをおすすめしますが、みんながみんながゆとりがあるわけではないと思いますので、今回は数冊だけ紹介しますね。

 


・これから始める株デイトレード

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最新版 これから始める 株デイトレード [ 二階堂重人 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/10/17時点)

 

株のデイトレードで驚異の勝率を叩き出す二階堂重人のノウハウ満載で、上昇相場で大きく儲けるコツが分かる内容になっています。

勝つための3大ツール(リアルタイムランキング・5分足チャート・板)と8つのテクニック(リバウンド狙い・波乗りテクニックなど)が紹介されています。

基本から実戦で役立つ知識までを徹底図解でやさしく解説されていて、どんな相場でも利益が出るスキルを学べます。

こちらの本は電子書籍もあり、本よりも少しお得な値段になっています。

 

 


・デイトレード

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デイトレード [ オリバー・ベレス ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2016/10/17時点)

 

こちらの本はチャート分析などはほとんど書かれてなく、トレードをするための心構えを1冊の本にまとめています。

デイトレードにおいては実は投資手法を学ぶより、心構えを学ぶ方が成長の近道となります。

結局短期投資において重要なのは自分が決めた投資ルールを徹底的に守れるかどうかです。

僕がこのブログでしつこいくらいに書いている、マインド面が磨かれる内容となっています。

デイトレードに限らず、株式投資をやるなら心構えは徹底的に学ぶべきです。

こちらの本も電子書籍があります。

 

 


・投資の正しい考え方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

稼げる投資家になるための投資の正しい考え方 [ 上総介 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/10/17時点)

 

株式投資においては攻撃より、防御の姿勢が重要なのだということを著者が好きな歴史に絡めてわかりやすく説明しています。

著者が株式投資においては「まずは大敗しないこと」を重点におき相場に取り組んでいる姿勢が分かる1冊となっています。

初心者は株式投資を始めたばかりの頃は、攻撃つまり利益を得ていくための手法を試したがりますが、それではトレードにおいてトータルで勝つことは難しいです。

まず初心者に覚えておいて欲しいのは、資金を減らさない技術を学ぶこと、つまり利益を増やすための技術を学ぶための土台を作って欲しいということです。

僕自信も株式投資を始めた当初、かなりの勝率がありながらも、200万円という大金を失った経験があります。

この結果からも、いかに防御が重要なのかがお分かりになると思います。

こちらの本も電子書籍があり、通常の本よりお得な値段となっています。

 

 


・タートル流投資の魔術 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タートル流投資の魔術 [ カーティス・M.フェイス ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2016/10/17時点)

 

こちらの本は、攻撃のテクニック、つまり利益を大きく出すための手法をさらに高めるための1冊となっています。

この本においては、かつてタートルズという投資集団がブレイクアウトと言われる手法で財をなしたその手法を公開しています。

ブレイクアウトは実際、デイトレでもスイングでも非常に有効な投資手法で、株式投資の基本と言っても過言ではないくらい誰もが実践する手法の一つです。


 

まだまだ良い本はたくさんあると思いますが、個人的にはこの4冊がランキングトップ4です。

個人的なランキングではありますが、デイトレードをやるならこの4冊は読んで欲しいと思います。

これさえ読んでおけば100%大丈夫というわけではありませんが、かなりスキルアップに繋がるはずです。

インターネットで調べれば入手出来る情報もあると思いますが、本はそれらの情報を分かりやすく綺麗にまとめられています。

しかもインターネット上の情報には、情報のズレや間違った情報なども多くあり初心者には判断が難しいと思います。

情報の正確性、時間効率の面でもインターネットで調べるより本を購入して勉強する方が、確実に早く成長出来ます。

情報過多な今の時代こそ、本や情報商材などを使った勉強をおすすめします。

何でもかんでもインターネットで済ませてしまうと、大きな失敗に繋がってしまう恐れがありますので、インターネットは程良く使っていきましょう。

 

 

本で勉強する時の注意点

以前にも書いた内容ですが、本や情報商材で勉強する際に注意して欲しいことがあります。

初心者に多いことですが、一度だけ読んで分かった気になり、二度と目を通さなくなることです。

はっきり言いますが、一度読んだくらいでは頭に入りません。

繰り返し何度も読み、脳にすり込んでください。

一度だけ読み分かった気になり株式投資をスタートするような人は、間違いなく痛い目にあうと思います。←(僕のことですがね)

痛い目にあった僕だからこそ分かりますが、痛い目にあうと、初心に帰り、また本を読み勉強し直すはずです。

ですが、これは効率の悪い時間の使い方です。

みなさんは学生の頃英語の勉強をしてますよね。

一度の授業で完璧にマスターできましたか?

おそらく一度では無理でしたよね。

日々の授業の積み重ねで徐々にマスターできるようになっていったと思います。

これは株式投資の勉強も同じです。

一度本を読んだだけではマスターできるわけがないんです。

中途半端に学んで進めば、また1からのスタートに戻ってしまいます。

早くトレードをして稼ぎたいという気持ちも分かりますが、焦らずしっかりと脳にすり込まれてからスタートするべきです。

もう一点、自分が特に注意しなければいけないと思うことや、理解が難しいことなどがありましたらノートやブログなどに注意点として書いておきましょう。

人間は読むだけよりも書くことで、より頭の中に入ります。

以前にもブログを書くことの重要性を説明しました。

 

参考 : <株式投資の初心者はブログで学びブログを書く>

 

ですので、注意しなければいけないと思うことや理解が難しいことは、ピックアップしておき重点的に勉強をしていきましょう。

近道なんてありません。

一歩一歩確実に歩んでいってください。

それが株式投資で稼ぐための一番の最短コースです。

 

 

最後に…

ということで今回は「株のデイトレードの本おすすめランキングは?先行投資が重要!?」について書きましたが、いかがでしたか?

これらの本は僕が思う、株のデイトレードの本おすすめランキングトップ4になります。

株式投資の本は少々高めなものも多いですが、これから株式投資を始めるなら先行投資のつもりで購入をおすすめします。

というのも、株式投資は最初から上手くいくものではありません。

必ず損失を出すことになるでしょう。

ですが、これらの本を読んでおくことで、事前にリスク面の軽減が出来るようになります。

本に書いてある内容を知ってるか知らないかでは、トレードの結果が数十万円変わってくることもあるはずです。

仮に数十万円の損失が出ると考えた時に、本4冊の値段の数千円で大きな損失を防げると考えたら安いものだと思います。

もちろん本の内容をしっかりと理解し確実に実践しなくては成果が現れませんが、これが実践出来ればかなり強い武器となるはずです。

株式投資の世界で生き残るためにも、先行投資でスキルアップしておきましょう。

スポンサーリンク