株のデイトレードで使用するパソコン。使用しない方がいいPCは?

時遊人です。(^O^)

最近は嫁と旅についての話し合いばかりしています。

現在のプランとして2016年~2017年の間にハワイに引っ越す予定ですが、ビザの関係なども考慮して3ヶ月間コンドミニアムで生活し、帰国後は世界中を旅する予定です。

そのために行きたい国をピックアップしているのですが、行きたい国が多すぎて困っています。^^;

ですがとても楽しみで、すでに夫婦でテンションMAX状態です。(笑)

数年前にラスベガスとハワイに行ってから完全に海外に魅了されてしまいました。

662img_0659

この地にもう一度行きたい、もっとたくさんの国に行きたいという気持ちから時間的自由と金銭的自由を求めて出会ったのが1冊の本。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/10/19時点)

 

この本を読み株式投資をやろうと決断しました。

もしこの本を読んでいなかったら株式投資をやることもなかったと思うし、現在計画中の世界旅行も厳しかったと思います。

この本を紹介してくれた嫁に感謝しかありません。

嫁のおかげで新たな目標のために一歩踏み出すことが出来たんですからね。(^O^)

みなさんも自分の目標に向けて一歩踏み出してみてください。

株式投資は無限の可能性を秘めています。

金銭的自由が経済的自由と時間的自由を生み出してくれます。

株式投資で自由を手に入れましょう。

パソコン1つで自由を掴み取ることも可能ですからね。

ということで、今回は「株のデイトレードで使用するパソコン。使用しない方がいいPCは?」について書きたいと思います。

パソコンの記事だと難しいと思ってしまうかもしれませんが、とても大切なことですし、そこまで難しい内容ではありませんので参考にしてみてください。

 

 

デイトレードに使用するパソコンは?

office-625892_1280

デイトレードと言えば4画面や6画面のマルチモニターのイメージが強くないですか?

ですが、初心者にはそこまで必要ありません。

あれば便利だとは思いますが、最初から使いこなすことはできないでしょう。

逆に混乱を招くこともあると思いますので、必要と感じるまでは使わないようにしてください。

僕もデイトレードを始めた当初はPC1台でトレードしていましたが、最初はそれだけで十分でしたからね。

慣れてきてからは嫁のPCを借りて2台でやっていましたが、スイングトレードがメインの現在はノートパソコン1台です。

普通は経験を積み重ねてモニターの枚数も増えてくる人が多いのですが、僕は減りました。(笑)

まぁ僕の場合はデイトレードはずっとやっていくものではないなぁと思っていたので、マルチモニターを買うつもりは全くなかったですからね。

モニターに関しましては、みなさんが経験を積みながら自分に合ったスタイルを見つけた時に検討すれば良いと思います。

仕事をしながらの空いた時間だけのデイトレードなら、マルチモニターを買ってもそこまで使わないと思いますからね。

で、どんなパソコンを使用するかですが、特別なパソコンを使用する必要もありませんし、複数のパソコンを使う必要もありません。

デスクトップなら1台のパソコン本体と1枚の液晶モニターで十分ですし、ノートパソコンなら液晶も付いていますので本体1台あればトレード出来ます。

要はインターネットに接続したパソコンが1台あれば大丈夫ということです。

ですが、デイトレードに適したパソコンもあります。

OSやCPU、メモリなど性能面での違いになってきますが、初心者はそこまでこだわらなくても良いと思います。

経験を重ねて、もっと快適な取引がしたいと感じるようになったら考えていきましょう。

最初はそのようなところにお金を使うなら、株式投資の知識を付けるための教材にお金をかけた方が効果的です。

パソコンを持っていなくて買う場合や、稼げるようになってきたら良いもの買うようにしましょう。

Windows OSかMac OSなど一般的なパソコンがあれば取引できます。

ただ、一般にMac(+ Linux)の場合、専用のデイトレアプリは使えないことが多いです。

これは端に証券会社がMac向けの専用アプリをリリースしていないからで、例えばSBI証券のデイトレアプリ(HYPER SBI)もexe形式(Windows向け)のアプリケーションに限られます。

通常はMac(+ Linux)では、ウェブブラウザ経由で取引することになります。

Mac OSやLinux OSが載っているパソコンでWindowsを利用するには、同一のパソコンに2つのOSをインストールする専門的な知識が必要です。

結構難しいですので、デイトレードをするならWindowsにしておきましょう。

次に使用するPCの注意点について書きます。

 

 

使用するパソコンの注意点

パソコン(特にWindows)で資産運用を行う際、パソコンやインターネットが抱えるセキュリティリスクを意識する必要があります。

セキュリティリスクを放置した場合、パソコンが破壊されたり、最悪の場合資産を失ったりする可能性があるからです。

ですのでパソコンのセキュリティ面には特に注意してください。

必要なことは以下の4点になります。

 

  • セキュリティソフトがインストールされていなければ導入する
  • セキュリティソフトをアップデートする
  • Windowsのアップデートをする
  • Windows XPはやめる

 

これだけは注意してください。

パソコンで株取引を行う場合、パソコンを利用する上でのセキュリティリスクに備える必要があり、 対策を怠るとお金や貴重な財産を失う可能性があります。

パソコンを利用した際の主なセキュリティリスクは、ウイルスやスパイウェアなどがパソコン内に侵入し、パソコン内データ破壊や重要データの外部送信、またはコンピュータを踏み台に公的機関や法人のサーバーを攻撃するDDos攻撃が挙げられます。

以上のようなことからパソコンを守るためにもセキュリティ対策をしっかりとしておく必要があります。

ですのでセキュリティソフトの導入やセキュリティソフトのアップデートを必ず行ってください。

また、セキュリティソフト同様に、Windowsのアップデートも必ずするようにしてください。

最後にWindows XPは避けたほうが無難です。

というのも、Windows XPは既に開発期間もサポート期間も終了しており、OSの脆弱性などもそのままになっています。

また、証券会社などの取引アプリもWindows XPは動作保証対象外になっていることが多いため、そのまま使い続けるメリットはありません。

もしWindows XPを使っているようでしたら、早めの買い替えをおすすめします。

以上が株のデイトレードに使用するパソコンの注意点となります。

 

 

最後に…

ということで今回は「株のデイトレードで使用するパソコン。使用しない方がいいPCは?」について書いてみましたが、いかがでしたか?

PC自体は基本的に何でも使用できますが、注意点に書いてあることを守りましょうという内容でした。

少し面倒な作業もあるかもしれませんが、セキュリティ対策を怠ったことでの被害を考えたら必ずやっておくべきことです。

万が一自分のPCがウィルス感染したり、自分の資産に影響が出るようになことになってからでは手遅れな場合もあります。

資産を守るための先行投資と考え早めの対策をしておきましょう。