株式投資投資信託とは?安全に資金が増やせる?

時遊人です。(^O^)

結構前から友人たちと深夜にポケモンGOをやっているんですが、ふと任天堂株の動きが気になりしばらく取引してなかった任天堂の株価をチェックしたら、大分高値のところまで戻ってきてました。

僕が仕事をしていた頃の休みの日に1日だけ任天堂をデイトレードした日があって、その後マイナスなニュースが発表されて株価が急落したところまでは監視していたんですが、買っておけば良かったです。(笑)

 

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e6%96%b0%e7%94%bb%e5%83%8f

 

正直買おうか迷っていたんですが、決算発表の悪さを見てやめておきました。

ですが、少しずつ着実に株価が上がってます。

株式投資って難しいですね。^^;

今回は、そんな難しい株式投資を専門家に任せて運用する方法について書きたいと思います。

 

 

投資信託とは?

teacher-1013720_1280

投資信託とは、一言でいえば投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。

要は自分の資産を専門家に運用してもらうということです。

集まった資金の投資・運用方法は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行うという仕組みになっています。

専門家が運用を行っているので資産が必ず増えると思われがちですが、運用成績は市場環境などによって変動するので、利益が得られることもあれば、運用が上手くいかずに投資した額を下回って損をすることもあります。

投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じて投資家に帰属します。

ですので投資信託は銀行の預金などとは違い、元本が保証されていない金融商品ということになります。

投資信託の仕組みは、投資家から集めた資金を元に「販売会社」「委託会社(運用会社)」「受託会社(信託銀行)」の3機関が役割を分担し、運用されています。

詳細は以下のようになっています。

 

  • 投資信託は「投資信託運用会社」で作られ、主に証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」を通じて販売され、多くの投資家からお金を集める。
  • 投資家から集めたお金は一つにまとめられて、資産管理を専門とする、「信託銀行」に保管してもらう。
  • 運用会社は、集めたお金をどこにどうやって投資するのか考え、その投資の実行を、お金を管理している信託銀行に指図する。
  • 信託銀行は運用会社の指図を受けて、株や債券の売買を行う。

 

このような仕組みになっています。

株式投資などに興味があるけど、自分で運用するのはなぁと、一歩踏み出せない初心者の人には投資信託が良いかもしれませんね。

1万円くらいの少額でも出来ますので、試しにやっみるのもアリだと思いますよ。

ただ投資信託は、ある程度大きな資金がないと大きな利益になりません。

もし自分の運用に自信があるなら、投資信託よりも自分で運用した方が効率良く稼げる可能性がありますので、自分で運用することをおすすめします。

 

 

投資信託のメリット

money-1015277_1280

投資を始めたいけど資金が少ないどの株を買ったらいいか分からないという初心者におすすめのメリットを見ていきましょう。

 


少額で始められる

投資信託は10000円くらいの資金があれば購入することが出来ます。

単元未満株取引を除くと10000円で買える株はほとんどありませんので、投資信託は株式取引に比べて少額で出来ると言えます。

例えば株式投資で最低投資金額が200万円を超えるような株に投資するには、大きな資金が必要になりますが、投資信託なら多くの人から資金を集めて投資するので、そういった銘柄に投資することも可能となります。

また、月々1000円くらいから積立をして投資信託を購入する「投信積立」も多くの証券会社で用意されているので、より少額からでも投資が可能です。

株式投資にチャレンジしたいと思っても、初心者は情報や知識を付けるのに時間がかかってしまいます。

ですが、投資信託は専門家が運用するので、自分で勉強したり情報収集をする必要がありません。

少額の資金さえあれば、すぐに始めることが可能になります。

 

少額で分散投資が出来る

投資を行う上でリスク軽減のために分散投資をするのが基本です。

1つの企業だけに投資していると、その企業の業績が悪化したり悪いニュースが出たり、最悪のパターンとして倒産して大きな損失になる可能性があります。

ですが、複数の企業に投資していれば、1つの企業の調子が悪くても、他でカバーすることが出来るという考え方が分散投資を行う理由です。

しかし、株式投資で分散投資をしようとすると、複数の企業の株に投資する必要があります。

資金の少ない投資家や、少額で始めたい初心者には分散投資が難しいのです。

ですが、投資信託は多くの投資家から資金を集めて運用するので、1つの投資信託を購入することで、いろんな銘柄や債券に投資が出来ます。

10000円くらいの少額でも分散投資が出来てしまうのが投資信託の魅力の1つです。

 


以上が投資信託のメリットとなります。

投資初心者にはかなりおすすめです。

もちろん投資を行うという面ではリスクが伴いますが、専門家が分散投資で運用するということで、リスクがかなり軽減出来ます。

投資に興味があるけど、金銭面や知識、情報面での不安がある人は投資信託から始めるのもアリだと思います。

 

 

投資信託のデメリット

piggy-bank-1019758_1280

初心者におすすめの投資信託ですが、メリットだけではありません。

専門家が行う投資信託にも当然デメリットがありますので、こちらも見ていきましょう。

 


信託報酬の負担

株式投資は株の売買の際に手数料がかかります。

ですが投資信託は保有している間、ずっと信託報酬を負担する必要があります。

投資信託の購入や保有にかかる費用は以下のものになります。

 

  • 販売手数料または募集手数料 → 購入のための手数料(かからない投資信託もあります)
  • 信託報酬 → 保有している間ずっとかかる、運用のための費用
  • 監査報酬 → 投資信託の監査を受けるための費用
  • 信託財産留保額 → 信託期間が決まっている投資信託で、途中解約したときにかかる費用(かからない投資信託もあります)

 

このような費用がかかります。

投資信託によって手数料や信託報酬の額は異なりますが、一般的には購入手数料は購入額の1~3%くらいと言われています。

また、信託報酬は「資産総額の○○%/年」というかたちでかかってくる費用で、投資信託商品によって異なります。

信託報酬は日割り計算をして、日々資産から引かれていきますので、信託報酬を上回る運用実績がでないと赤字となってしまいます。

同じ投資信託を買うのでも、販売手数料や募集手数料は販売会社によって異なります。

ですので、できるだけ安い販売会社で買うことをおすすめします。

ノーロードという、販売手数料がかからない投資信託もありますので、ノーロードの取扱数が多い証券会社を選ぶと良いでしょう。

個人的におすすめの証券会社は、SBI証券です。

SBI証券は投資信託を2000以上取り扱っていて、その中でも販売手数料がかからないノーロード投資信託を500以上販売しています。

投資信託を始めるならSBI証券がお得です。

SBI証券の口座開設はこちらから無料で出来ます。

 

資産が減る可能性もある

専門家が運用しているとは言え、必ず資産がプラスになるとは限りません。

投資信託には元本保証がありません。

つまり、投資したお金が増えて返ってくる保証がないばかりか、減ってしまう可能性があるということです。

銀行預金なら元本保証があるので、預けた分は全額引き出せますが、投資信託にはそういった保証がありません。

その分、見込まれる利益は銀行の金利よりも高くなるので、銀行に預けておくよりにも投資信託の方がお金が増えると言われています。

 

価格変動リスクがある

投資信託はいろいろな株や債券に投資していますが、その株や債券の価値が下がれば、投資信託の価値(基準価額)も当然下がってしまいます。

株価が変動するのと同じで、日本や海外の政治経済の情勢、企業の業績や業界全体の見通しが影響するということです。

株式投資型なら景気が悪化すれば株価が下がるので、基準価額が下がります。

また、金利変動リスクは債券型投資信託にとってとても重要です。

景気が悪くなって金利が下がると、債券型投資信託の基準価額が上がります。

このように、景気の変化で株価などの価格変動が起こり、それによって投資信託の価値も動き資産を減らしてしまう可能性があるということです。

 

 


以上が投資信託のデメリットになります。

ですが、初心者が個人で投資を行うよりも、はるかにリスクが軽減出来るのは事実です。

ただ、専門家であろうと、個人であろうと、投資を行うということは必ずリスクが付いて回るということだけは覚えておきましょうね。

 

 

最後に…

今回は「株式投資投資信託とは?安全に資金が増やせる?」について書いてみましたが、参考になりましたか?

安全に資産が増やせる保証はありません。

ですが、投資に興味があるけど、不安が強い初心者には投資信託がおすすめです。

やはり、専門家は知識も情報も豊富ですので、個人で運用するよりも安全に投資が行えると言えます。

個人的な話になってしまいますが、昨年同窓会があり、株式投資などの資産運用についての話になりました。

僕くらいの年齢になると、お酒の席でこのような話が増えてくるので、いろいろと情報が入ってきます、(笑)

僕の友人が投資信託に運用してもらっているようで、すでに数年間任せているようです。

どれくらいの資産を運用してもらっているかは教えてくれませんでしたが、利益が100万円以上あると言っていました。

確かに減ったりすることもあったみたいですが、トータルではプラスになっているのでオッケーみたいです。

気持ち的には、金利の良い預金と考えた方が良いですね。

個人の投資家が大きく稼いでいるような派手さありませんので、大きな利益は期待しない方が良さそうです。

投資で大きな利益を狙いたいのなら、やはり勉強して個人で運用する方が良いでしょう。

初心者が出来るだけリスクを抑えて資産運用をしたいのなら、投資信託がおすすめですので、今回の記事を参考にしてみてください。