株式投資での連休のポジションはどうする?安全第一!?

時遊人です。(^O^)

 

今年も後1週間ですね。

 

今年の投資の成果はどうでしたか?

 

大きくプラスになった人、マイナスになった人、様々でしょう。

 

今年、自分の納得いく成果が上げられなかった人は来年頑張りましょうね。

 

ですが、焦らず慎重にいきましょう。

 

来年は幸先良いスタートをきれるようにと、今から買いの準備をしている人もいると思いますが、年末年始の連休があることを考慮した行動を心がけてください。

 

ということで今回は、株式投資での連休のポジションについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク


株式投資での連休のポジションはどうする?

今年の株式市場も残すところ、あと5日。

 

12月29日(金曜日)は大納会となります。

 

年明け1月4日(木曜日)が大発会となりますので、5日間の休場となりますね。

 

みなさんは、連休前のポジションはどうしてますか?

 

僕は毎年ノーポジで過ごすようにしています。

 

何も起こらないかもしれませんが、「もし休場の5日間で何かあったらどうしよう?」と考えてしまうからです。

 

はい、ビビりです。(笑)

 

ですが、年末年始にニュースを気にするのも嫌ですし、家族でのんびり過ごすのも楽しみの1つですからね。

 

何も起こらないにしても、気が休まらないのでノーポジで過ごします。

 

今年はいろいろと予定が詰まっているので、1月8日(月曜日)までは休む予定ですので、尚更株なんて持っていたくありません。(笑)

 

ですが、メルマガなどの情報収集は子供が寝静まった夜中にチェックしようと思っています。

 

ある程度の情報は見ておかないと、連休明けに何をしていいのか分からなくなってしまいますからね。

 

 

情報収集についてはこちらをチェックしてみてください。

<参考>

株式投資で急騰株・良い株・テーマ株を探すためには情報が必要?

 

 

ということで、僕の年末年始のポジションはノーポジです。

 

現在の持ち株は29日までに売却します。

 

 

株式投資の考え方については人それぞれですので、「連休はノーポジで過ごしましょう」とは言いません。

 

かなりの安値で仕込んであって、多少株価が下がっても痛くもかゆくもないという人もいるでしょうからね。

 

ちなみに僕も現在の複数のポジションの中で、かなり安く仕込めた銘柄を1つだけ保有しています。

 

まだ上昇トレンド中ですので、連休をまたいでもおそらく平気でしょうが、自分が定めたマイルールの徹底と、家族でのんびり過ごす時間を大切にするために売却します。

 

 

多くの人は安く仕込めた銘柄や、上昇トレンド中の銘柄は持ち越すと思います。

 

ですが、少しだけ僕の考え方も参考にしてみてください。

 

取り入れる必要はありませんが、頭の片隅にでも置いといてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク


リスク回避が重要!

みなさんは明日何が起こるか分かりますか?

 

元々決まっていたことは分かると思いますが…

 

 

世の中、予期せぬ出来事が起こることもあります。

 

 

戦争や自然災害…

 

いつ何が起こるか分からない世の中です。

 

もちろん連休ではなくても危険な日があるかもしれません。

 

 

ですが、5連休ともなると何かが起こるリスクが高まります。

 

 

 

当たり前ですが、株式投資の休場期間中は売買が出来ません。

 

万が一何かが起こっても、何も出来ずに、ただ黙って待つしかありません。

 

 

僕は以前デイトレードをメインに行っていた時期がありました。

 

その当時はロスカットが出来ずに、持ち越す予定ではない銘柄を頻繁に持ち越していました。

 

 

ロスカットについてはこちらをチェックしてみてください。

<参考>

株式投資は損切りが大事!損切りの対策方法は?

 

 

ある日、いつものようにロスカットが出来ずに含み損を抱えたまま持ち越すことになりました。

 

その日の夜…

 

 

僕の保有銘柄の悪材料が出たのです。

 

 

PTS(夜間取引)ではストップ安に張り付き、株価が上昇する気配はゼロに等しい状況。

 

当時メインで使用していた証券口座はPTS(夜間取引)が出来ず、僕は心臓がバクバクで「奇跡が起こってくれ!」と株価や掲示板を何度もチェック。

 

ですが、株価は全く動かず、掲示板には嫌がらせのような心無い書き込みが多数…

 

本当に生きた心地がしませんでした。

 

次の日もストップ安張り付きで、かなりの大金を失い、おそらく寿命も縮まったはずです。(笑)

 

 

運やタイミングが悪かったとはいえ、平日にこんな辛い思いを経験してしまうと、長い連休に銘柄を保有するなんて怖くて出来ません。

 

この経験は僕のメンタルがダメ過ぎた結果起きた出来事で、きちんとマイルールを守ってロスカットしていれば、少しの損失で済んだ話です。

 

ですが、この経験があるからこそリスク回避にはかなり敏感になりました。

 

突然の暴落や戦争、自然災害など、自分で何とかならないこともありますが、自分で出来るリスク回避は徹底しています。

 

連休に何も起こらないかもしれませんが、万が一何かが起こったら、何も出来ません。

 

株式市場が休みですからね。

 

だからこそ、事前に出来るリスク回避だけはしておこうと、年末年始はノーポジで過ごすようにしています。

 

売却した銘柄は連休明けに再び買うことが可能ですが、連休中に起こった事件、事故はどうにもなりません。

 

連休明けに暴落スタートする可能性が少しでもあるなら、僕は連休明けに新たな株を買ってスタートする道を選びます。

 

 

今回書いた内容は、正しい判断ではないかもしれません。

 

ですが、僕はこのスタイルで株式市場を歩んでいます。

 

いろいろな考え方や、いろいろなスタイルの人がいて、まさに十人十色。

 

その中の1人に、僕のようなスタイルの人がいると覚えていてくれれば幸いです。

 

たくさんの人の良いと思う部分をどんどん吸収して、稼げる投資家になってくださいね。(^^)

 

 

以上、連休のポジションについてでした。

 

 

最後に…

今回は、「株式投資での連休のポジションはどうする?安全第一!?」というタイトルで記事を書いてみましたが、参考になりましたか?

 

連休にポジションをどうするかなんて、どうでもいい内容かもしれません。

 

ですが、万が一を考えることも時には必要だと思います。

 

自分の力では回避出来ないこともあると思いますが、今回書いた内容は自分の力で何とかなるリスク回避の方法です。

 

僕のようにビビりながら万が一を考える作戦も、役に立つかもしれません。

 

連休に何も起こらないかもしれませんが、ノーポジなら何も考える必要がありません。

 

どういう選択をするかは自由ですので、複数ある選択肢の中の1つに僕の考え方を入れてみてはいかがでしょうか?

 

ノーポジにして何も起こらなかったら、それはそれでいいじゃないですか。

 

平和な証拠ですからね。

 

あと5営業日で今年の株式市場も終了です。

 

最後まで気を抜かずに取り組みましょうね。

 

では、また。(^^)

スポンサーリンク