株式投資の決算時、イベント時の対応は?ギャンブルしてないですか?

時遊人です。(^O^)

 

日経平均株価がかなり下がって、ようやく下げ止まったかなって感じですね。

 

まだまだ懸念材料があるので安心は出来ませんが、そのうち落ち着いた動きに戻りそうな気がします。

 

 

さて…

 

株価の下落が続くといい気分はしませんよね。

 

そこは視点を切り替えてチャンスと見ることも出来ます。

 

現在であれば米中貿易摩擦懸念などが下落の原因となっていますが、ここがチャンスと見ている投資家もいるはずです。

 

逆に含み損が増え胃の痛い思いをしている投資家もいるでしょう。

 

米中貿易摩擦は全く予想出来なかった材料ではないものの、簡単に予想できるものでもない突然の悪材料でもありました。

 

となると、やはり材料発表後の早めの対応が必要とされます。

 

どう対応するかは個人で判断するものですので、早めのカットも良し、自律反発を待つのも良し…

 

自分のやりたいようにやればいいと思います。

 

ただ事前に分っているイベントなどの対応はまた違ってきます。

 

もちろん、自分がやりたいようやればいい。

 

ですが、僕としては安全第一の行動をおすすめします。

 

ということで今回は、イベントや決算時、突然の悪材料発表時の対応について、僕の考え方を詳しく書いてみたいと思います。

スポンサーリンク


株式投資のイベント時、決算時の対応は?

株式投資には突然のニュースで株価の暴落などが起こり、投資資金を削られてしまうことが多々あります。

 

突然くるニュースに関しては、はっきり言ってどうしようもないんですよね。

 

その結果、割り切って損を確定する、自律反発を待つなどの対応をします。

 

ですが、事前に「何かが起こりそう」と分かるようなイベントもあります。

 

その中の1つが決算発表です。

 

決算発表って会社四季報をしっかりとチェックしていれば大方の予想は出来るんですよね。

 

だから、このようなイベントは四季報の内容で良いものを持っていれば良い…

 

と、思いがちですが、実はそうでもないんです。

 

 

四季報の内容も上り調子で、明らかに決算発表が期待できそうな銘柄でも、決算発表後に暴落なんてこともザラにあるのが株式投資の世界。

 

 

この理由は材料織り込み済みです。

 

材料織り込み済みとは株価に影響を与えるニュースについて、その発表前に内容がある程度予想され、すでに株価に反映されていることを言います。

 

つまり会社四季報が発売され、その内容を確認した投資家たちが早い段階で株を買い、株価が上昇してしまいます。

 

その結果、決算発表時にはすでに相応の株価になっているため、予想外の発表などがないと、たちまち株を売られてしまい暴落することが多々あるのです。

 

多くの投資家は好業績の企業の決算発表に過度の期待をします。

 

新たなビッグニュースや、配当金アップなど、サプライズ決算に期待してしまいます。

 

そのため決算前に株を買い仕込んでおくのですが、サプライズなどがないとがっかりして株を売ってしまうのです。

 

それが好業績企業の決算暴落です。

 

決して悪い発表などないのですが、期待外れというやつです。

 

ですので、決算が期待できるような企業の株は、会社四季報が発売されてから早い段階で仕込んでおく必要があるのです。

 

そして決算前には全て売っておくか、一部だけ売っておく、これが僕のおすすめの方法です。

 

たまに株式投資初心者の人がやる方法で、決算前にSNSや掲示板などで「サプライズがあるかも」と騒がれてるのを見かけて、その内容につられて株を買ってしまう人がいますが…

 

 

この投資方法だけは止めておきましょうね。

 

 

もちろん、この方法でも上手くいくパターンもありますが、多くの場合は煽りが多いです。

 

 

僕自身も株式投資を始めて間もないころに、煽りに誘惑されて何度か痛い目にあった経験があるので分かりますが、騒がれてる銘柄があるとついつい興味を持って手出しちゃうんですよね。

 

ですが、自分が保有している特定の銘柄をネット上で推しまくり、株価を吊り上げ高くなったところで自分は利確して逃げるなんて輩もいるようです。

 

このような情報には惑わされずに、事前に仕込んでいないなら、決算発表時はその銘柄を保有しないのがベストです。

 

株式投資では先を見ることが重要視されていますよね。

 

もちろん安い段階で良い銘柄を仕込めるならそれに越したことはありません。

 

ですが、決算時には予想よりも安全性を重要視することを強くおすすめします。

 

また、米雇用統計などの各イベント時も、出来ればノーポジか軽めのポジションをおすすめします。

 

このようなイベント時は待機して、結果が出てから動けばいいと思います。

 

無謀なギャンブル投資なんてもってのほか。

 

あくまでも、これらは僕の経験則からきてる考え方ですので、正解ということではなく僕のおすすめの投資方法ということです。

 

世の中には僕なんかより優れた投資家が腐るほどいますので、そういう人の考え方を参考にしつつ、僕みたいな考え方も選択肢の1つとして参考にしてみてください。

 

僕はこの考え方で現在も株式投資の世界で生き残っていますので、今後も安全運転で進んでいくつもりです。

 

早い段階で仕込めなければ無理に動かない、早い段階で仕込めたら利益確定しておく(場合によっては一部売却)。

 

 

つまり、決算時はその銘柄を保有しない、イベント時はノーポジ推しということです。(笑)

 

 

リスクを下げるためには安全第一です。

 

参考にしてみてください。

スポンサーリンク


突然の悪材料が出た後の対応は?

株式投資をやっている人なら一度や二度は突然の悪材料で痛い目にあったことがあるでしょう。

 

僕も何度もありますよ。(笑)

 

このような時の選択肢は2択です。

 

早い段階でカットするか、自律反発を待つです。

 

突然の悪材料での暴落って大きく分けて2つ、企業ごとのニュースや、世界経済、世界情勢などの外部要因があります。

 

まず企業の悪材料ですが、これは僕なら迷わず即カットします。

 

もちろん売られ過ぎなどでの反発や、自律反発の可能性もありますが、僕自身は問答無用で即売却してきました。

 

その後の一時的な反発狙いで買ったりすることはありますが、基本的にはそのような銘柄は監視から外すようにしています。

 

悪材料が発表された銘柄で資産を増やす自信がありませんからね。

 

 

次に外部要因での暴落ですが、これはケースバイケースです。

 

まず仕込んだタイミングが早く、暴落後も利益が残っている場合は、とりあえず自立反発を待つようにしています。

 

含み益がゼロになった時点で下げ止まる様子がなければ売却し、その後下げ止まったのを確認出来たら再度買いなおします。

 

次に仕込んだタイミングが遅く、暴落時に含み損を抱えた場合はとりあえずロスカットします。

 

その後監視を続けて下げ止まったら、再度買いなおします。

 

外部要因の場合は結構な確率で好業績企業は株価を戻してきますが、戻り方にはいろいろなパターンがあります。

 

すぐに回復に向かう銘柄から、徐々に回復に向かう銘柄、暴落後下げ止まってからもしばらく横ばいのままなど、ほんとに様々です。

 

ですので、僕の場合はポジションも気持ちも一度リセットすることが多いですね。

 

普段から複数の銘柄を監視していれば、保有銘柄以外にもチャンスは見つけられます。

 

僕の経験上あまり未練たらたらだと、良い結果に繋がらなかったんですよね。

 

だから早めの切り替え、行動を意識するようにしています。

 

株式市場にはたくさんの優良企業の銘柄があります。

 

視野を広げることで、未練も簡単に断ち切れます。

 

少し考え方を変えるだけで、大きく軌道修正できますので意識してみてください。

 

以上が突然の悪材料が出た時の僕の対応方法と考え方です。

 

良いなと思う部分があればあなたの投資スタイルに取り入れてみてくださいね。

 

 

最後に…

今回は「株式投資の決算時、イベント時の対応は?ギャンブルしてないですか?」というタイトルで記事を書いてみましたが、参考になりましたか?

 

株式投資の世界には予想できることから、予想できないことまで様々です。

 

もちろん対応方法も多種多様で、僕が今回書いた対応方法は数ある中の1つに過ぎません。

 

だからこそ、僕の考え方も選択肢の1つとして試してみる価値はあると思います。

 

試してみて自分に合わなければ別のやり方を探せばいいだけですからね。

 

ネット上には腐るほど情報があります。

 

何が正しくて何が間違ってるかなんて分かりませんが、自分が良いなと思ったものは取り入れてみて、自分のスキルアップに繋げていってください。

 

その中の1つに僕の考え方があってくれれば幸いです。

 

僕は決して株式投資上級者ではありませんが、失敗を繰り返し一度は退場したものの、経験を積み重ねた結果脱サラに成功しました。

 

このブログを始めてもうすぐ2年になりますが、このブログには僕の経験が詰まっています。

 

失敗から成功までの全てと言っても過言ではない、僕の投資経験の結晶です。

 

株式投資の上級者には役に立たない情報ばかりかもしれませんが、これから株式投資を始める人や、現在稼げていない人にとってはかなり役立つ情報ばかりです。

 

是非僕のブログで株式投資の一歩を歩んでみてくださいね。

 

では、また。^^

スポンサーリンク