株式投資は順張り、逆張り、どっちがやりやすい?

時遊人です。(^O^)

 

相変わらず上下動の激しい相場ですね。

 

現在の相場の不安定な動きは、間違いなく米中貿易戦争とトルコ情勢が原因でしょう。

 

まぁ東京市場は外部要因にも敏感に、そして過剰に反応してしまうのが当たり前になっているのでみなさん慣れていますよね。(笑)

 

落ち着くのを待っていれば、また回復に転じると僕は見ています。

 

ですので、正直こういう時の下げって押し目買いのチャンスだったりもするので、おいしい一面もあるんですよね。

 

逆張りや押し目買いが得意な投資家なら喜んで買うと思います。

 

もちろん優良企業の銘柄に限ると思いますが…

 

 

株式投資には大きく分けて順張りと逆張りの2種類の手法があります。

 

正直な話、どちらが稼ぎやすいか正解はありません。

 

ですが、どちらが安全か(リスクが低いか)、どちらがやりやすいかはあると思います。

 

これには個人差がありますがね。

 

今回は、この辺についてもう少し細かく説明したいと思います。

スポンサーリンク


株式投資の順張り、逆張りとは?

僕のブログは株式投資の初心者に向けて書いていますので、まずは順張りと逆張りの違いについて簡単に説明しますね。

 

 

順張りとは上昇トレンドを狙って株の取引をすることを言います。

 

つまり株価が上昇している銘柄を狙い、購入した株価よりもさらに上昇することを期待して買うということになります。

 

 

逆張りとは下降トレンドを狙って株の取引をすることを言います。

 

つまり株価が下落している銘柄を狙い、安値で仕込み、株価の回復を待つということになります。

 

 

逆張りは過去の株価の推移などから株価のリバウンドを狙ったり、一時的な悪材料や市場の相場環境によって連れ安になっている銘柄を買います。

 

初心者にとっては少しハードルが高いという印象があったり、買うタイミングが分かりにくいという印象があるため、株式投資初心者には順張りが良いという声が多くあります。

 

 

確かに順張りは買いやすい一面があります。

 

 

ですが、個人的には逆張りの方が安全でリスクが低く初心者に向いている手法だと感じています。

スポンサーリンク


株式投資は順張り、逆張り、どっちがやりやすい?

というのも逆張りは株価がやすいところで買うため、例え読みが外れたとしても高値からの下落と比べると、下落幅がとても小さく損失が少なくて済むパターンが多いのです。

 

もちろん、「少し下がってるから逆張り狙いでいこう」という適当な読みだと、大きな損失に繋がる恐れが高いです。

 

しかし、チャートなどで過去の株価の推移から株価のリバウンドを狙うという、きちんとしたやり方でやっていれば大損は避けやすいです。

 

 

考えてみてください。

 

一般的に言われている初心者に向いている順張りの場合、上昇トレンド中のため株価が高値になりつつあります。

 

そのため急落のリスクが高くなりやすい状態となります。

 

 

仮に上昇トレンドだと読み、順張りで株を買ったとして、その後株価の急落に巻き込まれたらあなたはすぐにロスカット出来ますか?

 

 

まだロスカットがすんなり出来ないなど、自分のコントロールが出来ない人にはかなりのハイリスクと言っても過言ではないでしょう。

 

もちろん、自分をコントロール出来る人なら順張りでも何の問題もありません。

 

これらのことを考えると、株式投資の初心者や稼げていないような人には、逆張りの方がリスクが低くトレードしやすいのではないかと言うのが僕の見解です。

 

要は株式投資の初心者であっても経験者であっても、自分をコントロール出来るか出来ないかでリスクの度合いが変わってくるということです。

 

確かに上昇トレンドは株を買いやすいかもしれません。

 

ですが、これは自分自身が基本的なことを当たり前のように出来ることが大前提にあってのことです。

 

 

株式投資の考え方は十人十色。

 

僕の考え方は数ある考え方の一つに過ぎません。

 

もし投資が上手くいっていない人がいたら、今回僕が書いた内容を参考にトレードするのもアリだと思いますよ。

 

「でも逆張りはちょっとなぁ」と言う人は、上昇トレンド中の小さな下げを狙うのも良いと思います。

 

押し目買いってやつです。

 

 

 

 

株式投資にはいろいろな考え方、いろいろなトレード方法があります。

 

 

どのやり方がリスクが低いのか?

 

どのやり方が自分に合っているのか?

 

 

いろいろ試してみてください。

 

ちなみに、僕は順張りの押し目狙いが上手く出来なかった過去があります。

 

まぁ、自分の読みが甘く押し目だと思い買ったら下げ止まらなくなり、ロスカットも出来なくて大損したという、初心者にありがちなミスですけどね。(笑)

 

そんな僕は急落のリスクが低い逆張りで、小さくロスカットをする練習をしました。

 

この辺りから自分のコントロールが出来るようになってきましたので、もし現在ロスカットが思うように出来ないという人は参考にしてみてください。

 

 

最後に…

今回は「株式投資は順張り、逆張り、どっちがやりやすい?」について、僕の考え方を書いてみましたが参考になりましたか?

 

個人的には初心者には逆張りが良いってのが僕の見解です。

 

 

ですが!

 

 

これまでの僕のブログの内容、今回の記事の内容を読んでもらえば分かると思いますが…

 

株式投資では、どんなに稼いでいる人から学んでも、どんなたくさんの手法を知っていても稼げない人は稼げません。

 

 

一番大事なことは、自分をコントロール出来るか、出来ないかです。

 

 

ぶっちゃけた話、株式投資を頭の中で理解している人なんて腐るほどいます。

 

初心者で稼げなかった頃の僕でさえ、めちゃくちゃ勉強して、かなりの知識を持っていましたし、理解していましたからね。

 

それでも一度退場しています。

 

結局のところ、知識があれば稼げる世界ではないということです。

 

 

自分をコントロール出来て、初めて知識が活きてくるものなのです。

 

 

株式投資について学ぶことはとても大切なことですが、その学びを無駄にしている個人投資家がめちゃくちゃ多いのが現実です。

 

株式投資の基本中の基本を学んで、その基本を基に自分をコントロールする訓練からやるべきなのです。

 

初心者は新しいことを次から次へと学んでも無駄になることが多いのです。

 

新しいことを学ぶくらいなら、自分のトレード日記から自分のミスについて考え、対策して改善していきましょう。

 

僕がこのブログで何度となく同じことを繰り返し書いているのにも、ちゃんとした理由があります。

 

 

自分をコントロールするという基本的なことが出来たからこそ、退場を乗り越え脱サラ出来ました。

 

自分をコントロール出来たからこそ、これまで学んだ多くの知識が活きるようになりました。

 

 

もう分かりますよね。

 

自分をコントロール出来ない限り株式投資で成功することはほぼ不可能です!

 

ですが、自分をコントロール出来るようになれば、明るい光が見えてくるはずです。

 

株式投資の初心者や現在稼げていない人は、光を見つけるためにも、新しいことを勉強するのではなく、まずは自分のトレードの見直しをして改善してください。

 

そこがあなたのスタート地点になります。

 

トレード日記については以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

参考

 

参考

 

 

自画自賛するつもりではありませんが、僕のブログは初心者にとって本当に役立ちます。

 

プロが作るサイトのように細かい知識については書いていませんが、株式投資初心者の「0→1」へのステップには相当良いです。

 

なんせ一度退場してから脱サラするまで、僕がやってきたこと全てが詰まっていますからね。

 

これからのマイペースではありますが、株式投資について情報を発信していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

では、また。^^

スポンサーリンク